マーカ技術について


マーカ1枚で3次元位置計測が可能な特殊光学系搭載の高精度マーカを利用することで
様々な工学システムにバーチャル空間を追加することが出来ます。

LEAG(LEnticular Angle Gauge)

  • 相対的な角度に応じて黒線が移動する
  • 高精度姿勢計測用の特殊光学系
  1. 画像処理でLEAGパターンを解析
  2. 角度情報を抽出
  3. マーカ姿勢を高精度に推定

とくにマーカ正対時の姿勢推定誤差が従来型ARマーカの1/10未満に

レンチキュラーレンズを
用いたLEAGの構造
マーカ姿勢に応じた
LEAGのパターン変化

マーカの技術応用例

1回だけ高精度マーカを認識することで3次元空間を生成

応用例 1ドローン等の移動ロボット制御

移動ロボットに搭載したカメラや屋内に設置しているカメラから高精度マーカを認識することで、空間情報の生成と自己位置姿勢の把握が出来る。

応用例 2ロボットハンド制御

ロボットハンドに搭載したカメラから対象物に設置した高精度マーカを1回だけ認識するだけで対象物の位置と向きを高精度に把握出来る。

連続でマーカを認識することで動作計測を実行

応用例 1モーションキャプチャー

1枚のマーカで位置と姿勢が取れるため、少ない設置マーカ数で、動作計測が可能。
マーカごとにIDがあるので、各部位ごとの位置姿勢もトレース出来る。

手持ちカメラによる基準位置との相対的な計測を実施

応用例 1管理、記録

マーカ間の距離計測により画像と計測結果を同時に記録可能。
変動しない基準点を同時に認識することで、対象物の変位量も記録出来る。